若言辞典

若者の言葉の意味や語源、使い方を例文付きで解説しているサイトです。

しくるってどういう意味?語源や使い方(例文付き)も紹介!

投稿日:

「さっきのテストしくったー!

「えー(しくったってなんだっけ?)」
 

聞いたことがある人は、これが略語なのか、方言なのか、分からない人もいるかと思います。

しくるの意味や語源、使い方を例文付きで紹介するのでぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

しくるの意味は?

しくるの意味は、「失敗する」、「何かをし損ねて目的が達成できない」などがあります。
 

ちなみに「しくった」は、英文っぽくいうと、しくるの過去形・完了形になります。

「しくる」よりは「しくった」の方がよく聞くし、使いやすいですよね。
 

意味もとても簡単だったと思います。

ではしくるにはどんな語源があるのでしょうか?

それについて説明していきます。

しくるの語源は?

しくるは、「しくじる」の略語です。
 

「しくじる」の語源は、諸説ありますが、「為・崩る(シ・クズル)」というところから出来たようです。

また「為したことが崩れてしまう」という意味で、ここから派生したのでは...と言われています。
 

方言なのか、どうなのかについてですが、昔からさまざまな地域で使われていたようなので、おそらく方言ではないと思います。

しかし一部地域の方言だったという記述もあり、実際のところはどうなのでしょうね。

では次に使い方について紹介します。

スポンサーリンク

しくるの使い方を例文付きで紹介!

何か失敗したとき

うわ、しくった!こっちの方が安かった...。
ここは大事な場面だからしくんなよ!!
今日はバイトでしくった...。
 

いかがでしたか?

「しくる」や語源の「しくじる」には諸説あるようですね。
 

方言かどうかについても分からないままでしたが、言葉自体は、昔から現在までさまざまな地域で色んな年代の人が使っています。

意味は簡単で分かったかと思います。

そして使いやすいので、タイミングをみて使ってみましょう!!

-

Copyright© 若言辞典 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.