若言辞典

若者の言葉の意味や語源、使い方を例文付きで解説しているサイトです。

ワンコ(ワンコール)ってどういう意味? 語源や使い方(例文付き)も紹介!

投稿日:

ワンコしたんだけど登録よろしくね」

「分かりました!」
 

一昔前は幅広く浸透していたけど、あまり聞かなくなったワンコ(ワンコール)の意味や語源、使い方を例文付きで紹介するのでぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

ワンコ(ワンコール)の意味は?

ワンコ(ワンコール)の意味は電話をワンコールだけさせて切ることです。
 

元々は料金を節約するため、仲間内であらかじめ決めておいた呼び出し音や呼び出しの回数に応じて相手や行動を決めて動いてたそうです。

他にも携帯電話をワンコールだけ着信させて切って、それを返したりするお金のかからないコミュニケーション手段としても使われてました。
 

今でも相手に電話番号伝える手段に使われていますが、SNSやメールが使い放題等になってきたため、その数は少なくなりました。

ワンコ(ワンコール)の語源は?

ワンコ(ワンコール)の語源は英語のone callからきました。

1回だけコールするからワンコールです。
 

ワンコ(ワンコール)と同義となる言葉が【ワン切り】
 

電話機にを1~2回鳴らしてすぐに切り、相手の着信履歴に自分の電話番号を残すことをワン切りと言います。
 

ワンコが浸透してくると悪徳目的でかけてくる人が多くなり今となっては法律もあるほど!(有線電気通信法第13条の2)
 

ワンコ(ワンコール)は知ってる人からかけてもらいたいとき。

ワン切りは主に知らない業者や悪徳目的で一方的なので知らない電話番号からきたら折り返す前にネット検索をオススメします!

スポンサーリンク

ワンコ(ワンコール)の使い方を例文付きで紹介!

待ち合わせの時

ついたらワンコしてー
( ゚Д゚)ゞ

連絡先交換のとき

登録するからワンコしてー
いまするー

不審なのとき

なんかワンコ来てるんだけど
とりあえずどこからワンコきたか調べてみよ

-

Copyright© 若言辞典 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.