若言辞典

若者の言葉の意味や語源、使い方を例文付きで解説しているサイトです。

ワロタ・ワロスってどういう意味? 語源や使い方(例文付き)も紹介!

更新日:

「教習所終わった!エンストし過ぎでワロタ」

「今入ったBARのバーテン、すげーイキッててワロス」
 

このような文章を見たら、意味がわかりますか?

ワロタ・ワロスはSNSなどでよく見かける言葉ですよね。

今回は、ワロタ・ワロスの意味や語源、使い方を例文付きで紹介するので、ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

ワロタ・ワロスの意味は?

ワロタ・ワロスとは「笑った・面白い」、という意味です。
 

関西では昔から、「わろた」「わろうた」で「笑った」という意味で使われています。

ワロタもワロスも、どちらも同じ意味で使われています。
 

ワロタから派生した言葉がワロスですが、その後、派生語がたくさん出てきました。

「バロス」で爆笑を表したり、「テラワロス・ギガワロス、ピコワロス」という言葉で、笑いの大小の表現をしたりもします。
 

2ちゃんねるでは、一度言葉がブームになるとすぐに新たな言葉ができるのが特徴で、今でも変化し続けています。

また、ワロタ・ワロスは、掲示板に書くときは、半角カタカナ(ワロタ・ワロス)などと書く場合が多いようです。

ワロタ・ワロスの語源は?

ワロタ・ワロスはインターネット用語で、2ちゃんねるから流行した言葉です。
 

ワロタは、「笑った」→「ワラタ」→「ワロタ」→「ワロス」と変化しました。

ワロタとワロスに、特別な使い分けはありません。
 

ワロタの語源は、諸説あります。

「わらった」の「ら」が「ろ」になったのは、形が似ていることから変わったという説。

または、関西弁で「笑ってしまった」ことを「わろてもうた・わろてもた」と言うことから関西人が考案した、などの説です。
 

ワロスの語源も諸説あります。

「ワロス」の「ス」は「タ」と似ているからという説。

2ちゃんねるで流行った「カワユス(可愛いという意味)」などの「ス」で終わる流れで、「ワロス」となった説などがあります。

スポンサーリンク

ワロタ・ワロスの使い方を例文付きで紹介!

いろんなシチュエーションで笑ってしまったとき

久々にワロタわ
最後のオチにワロタ
シュール過ぎてワロス
赤ちゃんの表情ワロス
激しくワロタ
昨日のニュース、マジワロタ
不覚にもワロタ
 

ワロタは比較的簡単に使える言葉なので、ぜひとも使ってみて下さいね。

-

Copyright© 若言辞典 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.