若言辞典

若者の言葉の意味や語源、使い方を例文付きで解説しているサイトです。

「フニーター」ってどういう意味? 語源や使い方(例文付き)も紹介!

更新日:

「わたしフニーターだからさ」
 

(…「フニーター」って何?フリーターとは何が違うの?)

今回は、「フニーター」の意味や語源、使い方を例文付きで紹介するのでぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

「フニーター」の意味は?

「フニーター」とは、必要最低限のアルバイトしかしていないフリーターを意味します。
 

若者中心に使われている独自の言葉は様々ありますが、「フニーター」も若者言葉の1つです

「フリーター」とは少し違った意味です。

〈h2>「フニーター」の語源は?

「フニーター」の語源は、「フリーター」と「ニート」を組み合わせて作られた言葉です。
 

「フリーター」とは、15歳から34歳までで、アルバイトやパート、派遣社員など非正規雇用で働いている学生ではない人を意味する言葉で、「フリーランスアルバイター」の略です。

「フリーター」は働く意欲があります。
 

「ニート」(neet)は、フリーターと同様に15歳から34歳までで、就学・就労・職業訓練もしていない人を意味する「not in education, employment or training」 の頭文字を取ってできた言葉です。

「ニート」は親と同居し、生活費は親に頼っていることが多く、働く意欲があっても就労できない場合と、働く意欲がない場合があります。
 

「フニーター」は、本当は「ニート」のように働かずにいたいけれど、生活のために仕方なく「フリーター」のようにアルバイトをし、必要最低限の収入を得ている人です。

日雇いや短期間のアルバイトで収入を得て生活し、お金がなくなるのを待ってまたアルバイトをするような人のことです。
 

働いているときは「フリーター」、働いていないときは「ニート」になります。

「フニーター」の使い方を例文付きで紹介!

自分のことを言うとき

わたしフニーターだからこの短期バイト終わったらしばらくお休みなんだ

他の人のことを言うとき

いい加減、フニーター生活はやめた方がいいんじゃない?

-

Copyright© 若言辞典 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.