若言辞典

若者の言葉の意味や語源、使い方を例文付きで解説しているサイトです。

「ks」ってどういう意味? 語源や使い方(例文付き)も紹介!

投稿日:

 

ある時、友人からLINEで「明日、予定ある?」とのメッセージが届きました。

私は、友人から遊びの誘いを受けたと思い、返事に困っていました。
 

というのも、明日は休みであり、休みの日は、一人で自由に過ごすのが、私の幸せなのです。

でも、変に誘いを断ったら、友人を傷つけるので、私は、断り方を考えていました。
 

そうこうしているうちに、友人からメッセージが届きました。

「ksするなよ」
 

(「ks」って何?)

状況からすると、あまり良いイメージではない感じだけど…。
 

とりあえず、「明日、暇です。」と返信して、次の日、友人と遊びに出かけました。

後で「ks」を調べると、意味は単純でした。
 

あなたは「ks」という言葉を知っていますか?

「ks」の意味や語源、使い方を例文付きでご紹介いたします!
 

スポンサーリンク

「ks」の意味は?

「ks」は「既読スルー」と「クソ(カス)」の2つの意味があります。
 

「既読スルー」とは、LINEに関する言葉であり、受信者がメッセージを読んだにもかかわらず、何ら返信しないままの状態でいることをいいます。

私が友人から言われた「ksするなよ。」は、「既読スルーするなよ。」の意味でした。
 

「ks」には、「クソ(カス)」の意味があるともお伝えしましたが、この意味の「ks」は、2011年初めあたりから2chで流行り始めました。

2011年6月にLINEが普及し始めたことを考えると、「既読スルー」の意味での「ks」よりも先に「クソ」の意味での「ks」が使われ始めたといえます。
 

もっとも、「既読スルー」の意味での「ks」が流行り始めた以降も「クソ」の意味での「ks」は使われています。

なので、「ks」を完全に「既読スルー」のみの意味であるとはいえません。
 

「ks」の語源は?

「既読スルー」を意味する「ks」の語源は「既読スル-」をローマ字表記したとき(kidokusuru(_))のイニシャルです。
 

厳密にいえば、「スルー」は「through」とすべきなので、「kt」となるはずですが、「スルー」をローマ字表示したものと単純に考えて、話を進めます。
 

「クソ(kuso)」「カス(kasu)」を意味する「ks」もローマ字表記した時のイニシャルが語源です。
 

スポンサーリンク

「ks」の使い方を例文付きで紹介!

「既読スルー」の意味で使うとき

ksするなよ。

⇒既読スルーするなよ。
 

ksして嫌われた。
⇒既読スルーして嫌われた。
 

「既読スルー」の意味の「ks」の後には「~する」がつくのが特徴です。

また、「既読スルー」は、LINEがあって、はじめてうまれた言葉なので、LINE上でしか、この意味での「ks」を使わないのが一般的であるといえます。
 

「クソ(カス)」の意味で使うとき

頭悪いだろks。

⇒頭悪いだろクソ。
 

ksどもが。

⇒クソどもが。
 

語尾に「ks」を置くのが特徴のひとつです。

意味からも明らかなように、相手の言動を批判するときに使います。

-

Copyright© 若言辞典 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.