若言辞典

若者の言葉の意味や語源、使い方を例文付きで解説しているサイトです。

粗相(そそう)ってどういう意味? 語源や使い方(例文付き)も紹介!

投稿日:

飲み会で「粗相(そそう)!粗相(そそう)!」というコールでお酒を飲ませていた
 

(…「粗相(そそう)って何?どういう意味の言葉なんだろう?」)

今回は粗相(そそう)の意味や語源、使い方を例文付きで紹介するのでぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

「粗相(そそう)」の意味は?

「粗相(そそう)」とは、不注意な行動や軽率な行動によって生じてしまった過ち、間違い、失敗、ミスのことを意味します。
 

重大な過ちというよりはちょっとした失敗のことです。

また、子どもが大便や小便を漏らすことも「粗相(そそう)」と言います。

「粗相(そそう)」の語源は?

「粗相(そそう)」の語源は、仏教用語から生まれた言葉で、人間の生・住・老・死を意味する「麁相(そそう)」という言葉に由来します。
 

「麁相」には、人間の弱い部分もたくさんあることから、軽率な行動や過ちという意味で使われるようになりました。

意味の変化から、大雑把や落ち度を意味する「粗」が使われるようになり、「麁相」から「粗相」へと変化しました。
 

また、飲み会の席で自己紹介が面白くなかった、飲み物や食べ物をこぼした、箸を落としてしまった、といった失敗をしたときに、「粗相(そそう)!粗相(そそう)!」とみんなで叫んでお酒を飲ませるコールとしても使われています。
 

若者の間では、みんなで一緒に叫ぶことでお酒を飲ませ、飲み会を盛り上げるためのコールがいくつかあり、その中の1つです。

スポンサーリンク

「粗相(そそう)」の使い方を例文付きで紹介!

日常の中で使うとき

昨日は粗相をしてしまい、申し訳ありませんでした。
お客様に粗相のないように丁寧に接客してください
 

「粗相(そそう)」は一般的に使われる言葉なので、友だち同士の会話だけでなく、仕事の場面でも使うことができます。

飲み会の中で使うとき

あれ、今○○くん粗相したよねー、粗相!粗相!

-

Copyright© 若言辞典 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.