若言辞典

若者の言葉の意味や語源、使い方を例文付きで解説しているサイトです。

無理ゲーってどういう意味? 語源や使い方(例文付き)も紹介!

更新日:

「チャレンジしたけど無理ゲーだった」
 

という風に使われる無理ゲーという言葉を知っていますか?

最近の若者言葉はいろいろ略した言葉が多くなっていますよね。
 

無理ゲーの意味や語源、使い方を例文付きで紹介するのでぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

無理ゲーの意味は?

無理ゲーの意味は「クリアが難しすぎる」です。
 

主にゲームをしている時に使われる言葉です。

ゲームの難易度が高すぎて、クリアができそうにない時に使用します。
 

他にも、「クリアすることは不可能だ」という意味で使われたり、「運ゲーすぎる」という意味で使われたりもします。
 

ちなみに運ゲーとは、腕前よりも運の要素が強いゲームのことをいいます。

運ゲーすぎて実力じゃクリアできないという意味になります。
 

また、「無理ゲーくさい」という言葉も存在します。

このゲーム無謀な気がするといった意味で使われます。
 

無理ゲーの反対で、クリアが簡単だという意味で使われる言葉は、ヌルゲーといいます。

ゲームで使用される言葉ですが、最近では日常生活での理不尽な状況に対しても使用されています。

無理ゲーの由来は?

無理ゲーの由来はクリアが無理なゲームです。
 

この言葉が略されて無理ゲーとなりました。

ツイキャスやTwitterなどネットで使用されている言葉です。

スポンサーリンク

無理ゲーの使い方を例文付きで紹介!

ゲームのとき

コンプリートするのほんと無理ゲー
チート使わずクリアするの無理ゲー
(ズルせずにクリアするの難しい)
音ゲーの曲のフルコンプリートするの無理ゲー
点取り合戦とか無理ゲー
純愛のゲームとか精神的に無理ゲーなんですけど・・・
子供すぐ起きるからオンラインとか無理ゲーだな

日常生活のとき

お腹すいたのに胃が痛いとか無理ゲー
説明下手すぎてテスト受けるの無理ゲー
名前しかわからないのに人探すとか無理ゲーじゃん
嫌なことありすぎて人生無理ゲーなんだけど
音楽で飯食ってくとかほんと無理ゲー
料理初心者が角煮とか無理ゲーだったかも

-

Copyright© 若言辞典 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.