若言辞典

若者の言葉の意味や語源、使い方を例文付きで解説しているサイトです。

歴女ってどういう意味? 語源や使い方(例文付き)も紹介!

投稿日:

「今度の休みに仙台行こうよ!」

「いいけど、急に何?」

「たまには観光もいいかなーと思って。」

「あーわかった、伊達正宗だろ」

「バレたか」

「出たなー歴女めー」

「うるさいな、行くの?行かないの?」

「もちろん行く!!俺も伊達正宗好きだから!!」
 

最近では戦国武将に夢中になる女性が増えていますね。

ブームに伴い、どんどん新しい言葉も生まれています。
 

今回は歴女の意味や語源、使い方を例文付きで紹介するのでぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

歴女の意味は?

歴女とは、歴史をこよなく愛する女性を呼ぶ呼び方のことです。
 

歴史に詳しいかどうかは関係なく、本人が歴史自体に興味があれば歴女となります。

歴史全般だけでなく、ある偉人が好き、城の建築が好きなど、興味の対象がピンポイントでも歴女と呼ばれます。
 

周りから見て歴史好きの女性を歴女ということもあれば、自分で自分のことを歴女ということもあります。

歴女の語源は?

歴女の語源は、歴史好きな女性を略したものです。
 

歴史好きのアイドルに「美甘子(みかこ)」という方がいますが、彼女を「歴ドル」と呼ぶことから、その派生として歴女という言葉が生まれました。
 

歴史好きの女性は昔から数多くいたものの、2005年に発売されたカプコンのゲームソフト『戦国BASARA』をきっかけにして、イケメンに描かれた武将に夢中になる女性が増えてきました。

彼女たちはゲーム関連グッズ商品だけでなく、武将関連グッズも購買するようになり、自分の好きなキャラクターの武将のコスプレを行うようにもなりました。
 

歴女という言葉は2009年のユーキャン新語・流行語大賞ではトップテンにも入賞し、多くの方に知られるようになりました。

ちなみに当時は歴女の代表ともいわれる歴史好き女優、杏さんが受賞しました。

スポンサーリンク

歴女の使い方を例文付きで紹介!

観光地で歴史好きの女性たちを見たとき

この間お城行ったら歴女グループが結構いたよ。聖地巡礼ってやつ。

観光客が増加したとき

大河ドラマオタクの歴女の影響で、訪れる人数が昨年の3倍になりました。

-

Copyright© 若言辞典 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.