若言辞典

若者の言葉の意味や語源、使い方を例文付きで解説しているサイトです。

微レ存ってどういう意味? 語源や使い方(例文付き)も紹介!

投稿日:

「台風で明日学校が休みになる可能性が微レ存だぞ!」
 

この微レ存の意味は、わかりますか?

まるで漢文にも見えますし、なんと読むのかもわからないですよね。

今回は、微レ存の意味や語源、使い方を例文付きで紹介しますのでぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

微レ存の意味は?

微レ存とは、「ほんのわずかだが存在する・限りなく可能性が低いもののゼロではない」ことを意味します。
 

読み方は「びれぞん」、または「びれそん」です。

具体的には、「〇が△する可能性が微レ存」のように使われ、「〇が△という行動を起こす可能性が少ないが存在する」という意味になります。

ただし、本当に可能性が低いという意味で使われることはあまりなく、可能性の高い低いは関係なくネット上などでは使われています。

微レ存の語源は?

微レ存の語源は、「微粒子レベルで存在している」の略で、ネットスラング(インターネット上で使われている俗語)です。
 

元ネタはいくつか説があるようですが、2ちゃんねるの掲示板での書き込み、「今なお微粒子レベルで残留している?」が発祥だと言われています。

スポンサーリンク

微レ存の使い方を例文付きで紹介!

使い方は、文章の最後に付け加える形で使用されることが多いです。

雨が降る可能性が少しあるとき

雨が降る可能性が微レ存

もしかすると会社へ遅刻するかも・・というとき

会社へ遅刻する可能性が微レ存だ

彼氏ができたためしはないけど、もしかしたらできるのでは・・というとき

私でも彼氏ができる可能性が微レ存

就活に成功するかも・・というとき

俺も就職できる可能性が微レ存

もしかしたら寝坊するかも・・というとき

起きれない可能性が微レ存

お正月に実家に帰る可能性が少しあるとき

お正月に実家に帰る可能性が微レ存

徹夜しても宿題が終わらないと思うとき

徹夜しても宿題が終わる確率微レ存
 

微レ存をはじめて知った人も、SNSでも日常会話でも使えそうですよね!

-

Copyright© 若言辞典 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.