若言辞典

若者の言葉の意味や語源、使い方を例文付きで解説しているサイトです。

娑婆ってどういう意味? 語源や使い方(例文付き)も紹介!

投稿日:

 

「はあ…、楽しかった旅行も終わり。明日から娑婆に戻るのかあ…」

「ま…まあ、元気出してくださいよ!」

(そもそも「しゃば」ってなんのことだ?汗)
 

なかなか多用する機会の多いこちらの言葉ですが、あなたは正確に使えていますか?
 

今回は

娑婆の意味や語源、使い方を例文付きで紹介するのでぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

娑婆の意味は?

娑婆とは一般社会のことを指します。
 

つまり、我々が生きている、この世界のことです。
 

毎日毎日、満員電車にすし詰めになり、上司に怒られ、部下から失笑を買い、同僚からは白い目で見られる…。

こういった、いわゆる「苦」のある世界を娑婆というのですね。
 

よく映画などで「もう戻って来るなよ」と看守に言われながら、塀の外に出た主人公が「久々の娑婆の空気は、うまいぜ」などと言うシーンがありますね。
 

この場合の娑婆は、世間一般から隔離された場所から見た、一般社会の総称です。

ですので「一般社会、ただいま!」という意味で捉えてくださいね。

娑婆の語源は?

娑婆の語源はサンスクリット語の「サハー」を音訳したものです。
 

ちなみにサハーとは意訳すると、仏教用語でいうところの「忍土」にあたります。

忍土とは、その字の通り、忍ぶ土、つまり耐え忍ばなければならないこの世界という意味です。
 

娑婆の語源はなんと、仏教用語なんですね!

人間は苦しみを学ぶために生まれたと、お釈迦様は仰っていますが、そろそろ筆者にも幸せがほしいと願う、今日この頃です。

スポンサーリンク

娑婆の使い方を例文付きで紹介!

一般生活に戻るという意味で使う時

今日で楽しかったキャンプも終わり!明日から仕事だね
娑婆に戻りたくないなあ
 

隔離されていた場所から出たことを表現する時

は~、娑婆の空気はうまい!
インフルエンザで10日も寝てちゃ、当たり前だよ…
 

いかがだったでしょうか?

今回は「娑婆」の意味を取り上げてみました!
 

まさか、普段口にするこちらの言葉が仏教用語だったとは驚きですが、何かを学ぶことも修行の一環です。

ぜひ、人生という修行に取り組んでいきましょう!

-

Copyright© 若言辞典 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.