若言辞典

若者の言葉の意味や語源、使い方を例文付きで解説しているサイトです。

チートってどういう意味? 語源や使い方(例文付き)も紹介!

投稿日:

「うわー、負けた!あいつチートじゃねーの?」

「いやでもめちゃくちゃレベル上げしてたよ」

「マジかー、すげぇなぁ」

「課金すれば?」

「バカ言え、もう金欠だっつーの」
 

ゲームをよくやる方であれば、おそらく一度は目にしたことがあると思います

今回はチートの意味や語源、使い方を例文付きで紹介するのでぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

チートの意味は?

チートの意味は、コンピューターゲームにおいて不正を働くことです。
 

ゲームを有利に進めるため、本来ならば出来ないようなことを出来るように、ゲームを勝手に改造する不正行為です。
 

例えば、キャラクターのレベルやステータスを書き換えたり、有利なドロップアイテムが出るようにしたりすることです。
 

ゲームで強くなりたい若者の心理をつき、チートを行う代行業者なども現れているほどですが、不正行為ですので過去には書類送検や逮捕された例もあります。
 

また、実際に不正行為を行っていなくても、「不正行為を行ったくらいに強い」プレーヤーやキャラクターについて、すごい、こんなに強くて羨ましいという意味を込めて「チート級」と称することもあります。

最近では更に一般的な場面でも用いられるようになり、スポーツでも、いかさまをしたくらいに上手なプレーをすることを表す言葉でも使われています。

チートの語源は?

チートの語源は、ズルをすることを意味する英単語「Cheat」のカタカナ表記です。
 

また、チートをする人物のことを「チーター(Cheeter)」と呼びます。

カタカナでは同じですが、動物のチーター(Cheetah)とはスペルが異なるので全く違う言葉です。
 

最近では、自分でチーターを名乗り「何が悪いのか」と開き直る中高生もおり、悪びれる様子がないことも問題視されています。

チートは裏ワザではなく、【犯罪行為】ですので、絶対に行わないようにしましょう。

スポンサーリンク

チートの使い方を例文付きで紹介!

ゲームのキャラクターについて話すとき

このキャラクターはチート級の強さだな

不正をするユーザーについて話すとき

チートするやつは全員アカウント停止されれば良いのに

-

Copyright© 若言辞典 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.