若言辞典

若者の言葉の意味や語源、使い方を例文付きで解説しているサイトです。

チェーサーってどういう意味?語源や使い方(例文付き)も紹介!

投稿日:

「すいません、チェーサーください。」

「はーい。(水のことかな...?)」
 

上の会話のように、「チェーサー=水」と思って、頼む人もいるかと思います。

しかし水というだけではないのです!

チェーサーの意味や語源、使い方を例文付きで紹介するのでぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

チェーサーの意味は?

チェーサーは、「強い酒などを飲んだ直後か間に飲む飲み物」のことです。
 

ただ、一般的な認識では「チェーサー=水」で合ってます。
 

居酒屋やバーなどで「チェーサーください」といえば大抵は通じます。
 

ではなぜ「チェーサー=水」というふうになったのか、語源は何なのか、説明していきます。

チェーサーの語源は?

チェーサーの語源は英語の「チェイサー(chaser)」です。
 

意味が追跡者や追手などの、追いかけるといった意味があります。
 

つまり、お酒を飲んだあとに「追いかける」ように飲むことから、そういわれています。
 

口直しや休憩といった感じですね。

なので、決して水だけではありません。
 

人によっては、ジュースやジンジャーエール、炭酸水、ビールなどの弱いお酒がチェーサーになる人もいます。

欧米ではビールやウイスキーをチェーサーに飲む人もいます。
 

しかし日本人は欧米人に比べ、お酒に弱い人が多いので水を頼む人が多いのです。

水がタダなことも関係してると思います。

だから「チェーサー=水」というのが一般的になったんですね。
 

たしかに居酒屋やバーでは、お客さんも定員さんも「チェーサー=水」という認識が定着し、頼む人が多いですよね。

では次に使い方について説明します。

簡単なのですぐに覚えられると思います。

スポンサーリンク

チェーサーの使い方を例文付きで紹介!

お酒の合間に何か飲みたいとき

すいません、チェーサーください。
 

おそらく日本で「チェーサーください。」と言ったら水が出てくると思います。

水以外が欲しい人は、飲みたいものを言いましょう!
 

いかがでしたか?

チェーサーの本当の意味を知っている人は、あまりいなかったのではないかと思います。
 

ちなみに、「チェーサー」は英語なのでもちろん外国でも通じます。

しかし日本の考えのまま行くと、水ではないものが出てくるかもしれないので、気を付けましょう!!
 

ただ日本で使う場合には、「チェーサー=水」という風に覚えていたら大丈夫ですよ。

もちろん水でなければいけないというのもないので、自分の好きな飲み物を頼んでみましょう。

-

Copyright© 若言辞典 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.