若言辞典

若者の言葉の意味や語源、使い方を例文付きで解説しているサイトです。

キョロ充ってどういう意味? 語源や使い方(例文付き)も紹介!

投稿日:

「このキョロ充がっ!」

「それキョロ充じゃね?」
 

ネットでこのような書き込みを見たら、意味はわかりますか?

今回は、キョロ充の意味や語源、使い方を例文付きで紹介しますので、ぜひ参考にして下さい!

スポンサーリンク

キョロ充の意味は?

キョロ充とは、(教室や食堂などで)常に人の目を気にしながら、友達を探したり、また一人でいてるところを誰かに見られるのではないかと、キョロキョロしている人のことです。
 

さらに、自分はリア充グループの一員であると思い込み、充実した生活を送れていると感じている人のことです。

主に大学生に対して使われています。
 

キョロ充は、リア充(現実の生活が充実している人)グループに属しているが、そのポジションは底辺に位置します。

しかし、リア充であると言っているのは、本人だけであることが非常に多いのです。
 

リア充は、キョロキョロしなくても自然と周りに人が集まりますが、キョロ充は、必死にキョロキョロして仲間を見つけないとすぐにぼっち(いつも一人でいるしかない人)になってしまう傾向があります。

以下キョロ充の特徴を挙げてみます。

キョロ充の特徴

  • 一人になることを恐れている(教室で友達の席を確保するなど)
  • 一人でいるところを誰かに見られるのを嫌がる(学食で一人でごはんを食べることを特に嫌う)
  • コミュニケーション能力が低い
  • 団体行動しかできない
  • 他人をうらやみ、ねたんでいる
  • 自分よりも下の人間がいないかと探す

またキョロ充は、日々リア充グループに必死に喰らいつこうと努力をしており、その光景から、「一人では何もできないリア充グループの金魚の糞」と揶揄されています。

現実世界を重視しているが、人に流されやすく、個性もないので、軽視されやすい存在と位置されています。

スポンサーリンク

キョロ充の語源は?

キョロ充の由来は、「自分はリア充だと思っているキョロキョロしている人」からです。
 

2007年頃からネット上の若者言葉として使われています。

キョロ充の使い方を例文付きで紹介!

彼氏がもしかしたらキョロ充かもしれない
お前、いっつもヘラヘラしててキョロ充かっ!?
 

ぜひ使ってみてくださいね。

-

Copyright© 若言辞典 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.