若言辞典

若者の言葉の意味や語源、使い方を例文付きで解説しているサイトです。

カオスってどういう意味?語源や使い方(例文付き)も紹介!

更新日:

カオスって、よく聞きますよね。

「うわ、カオス…」
「まじだ…(どんな意味だっけ…)」
 

こんなことありませんか?

普段何気なく使っている人でも、意味を聞かれるとちゃんと答えれなかったり、あいまいだったりしますよね。

そんな人のために、カオスの意味や語源、使い方を例文付きで紹介するのでぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

カオスの意味は?

カオスの意味は、混とんとしている状態のことです。

簡単に簡潔にいうと...

  • 「何が何だか、まったく分からない」
  • 「収拾がつかない」
  • 「めちゃくちゃ」

こんな感じです。
 

要するに、どういう状況なのか分からないぐらいめちゃくちゃだったり、その場がわちゃわちゃしていて収拾がつかなかったり、無秩序な状態のことです。
 

元々は英語でChaos、日本語では「混沌」という意味です。

混沌と言われても、あまりピンときませんよね。もっとくわしくみてみましょう!
 

混沌という言葉の意味、もとは「天地創造の前の状態」という意味です。

難しいですよね。

つまり神様が、この世を作る前の状態ということです。
 

これをもとに、

  • ものごとが入り乱れて、定まってない状態
  • これからの流れが見えない状態

という風な意味で使われるようになりました。
 

英語でも「Chaos(カオス)」という単語が存在していますが、和訳すると「混沌(様々なものが混ざって濁るというような意味)」となります。
 

では、カオスという言葉はどこから来たのでしょうか。

次は語源について紹介していきます。

カオスの語源は?

カオスの語源はギリシャ語で秩序のない混乱した状態を表す「χάος(ケイオス)」という言葉です。
 

ヘシオドスの創世記にカオスが登場します。

しかし、古代ギリシャ語のカオスは、今のような意味ではなく、別の意味で捉えられていました。

  • 大口を開けた状態
  • 隙間、裂け目
  • 何もない空間

ギリシャ神話の天地創造は、カオスができるところから始まります。
 

カオスから、ガイヤ(大地)が生まれ、タルタロス(暗黒)、エレボス(闇)、そしてニュクス(夜)といった、始めのギリシャ神話の神々が生まれます。

大口を開けたような隙間、裂け目の何もない空間から生まれてきたということですね。
 

また神話では人種や思想、容姿がはっきりとは分かれておらず、天と地さえはっきり分かれていないような、混じり合った状態のことをいっていたようです。

このような無秩序の状態のことを、カオスというようになったのでしょう。
 

意味や語源が分かってきたところで、次はどういう場面で使うのか紹介していきます。

スポンサーリンク

カオスの使い方を例文付きで紹介!

  • 部屋が散らかっている→部屋がカオス
  • 考えがまとまらない→頭の中がカオス
  • 顔が整っていない、化粧がうまくいっていない→顔がカオス

このように色々使い道がありそうです。
 

もっとくわしく例文を出していきます。

  • 部屋がカオスで探し物が全然見つからない。
  • カオスなルールなので、誰が勝ったか分からない。
  • カオス過ぎるストーリーで意味が分からない。

いかがでしょうか。
 

カオスという言葉を使うときは、「めちゃくちゃで状況が分からないとき」、「モノや思考がぐちゃぐちゃなとき」、「統一性がないとき」など使える場面はいろいろあるようですね。

意味や使い方がわかったところで、タイミングがあったら、どんどん使っていきましょう!

-

Copyright© 若言辞典 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.