若言辞典

若者の言葉の意味や語源、使い方を例文付きで解説しているサイトです。

オワコンてどういう意味? 語源や使い方(例文付き)も紹介!

投稿日:

ネット上ではさまざまな言葉が生まれ、よく耳に聞くこともあると思います。

オワコン( ゚Д゚)は掲示板などでよく見ますが、何の事だろうと思った方も多いのではないでしょうか?

今回はオワコンの意味や語源、使い方を例文付きで紹介しますので、ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

オワコンの意味は?

オワコンとは終わったコンテンツ(中身・情報の中身のこと)のことです。

オワコンの他に、「おわこん」「おわコン」「終わコン」とも表します。
 

一時期人気があり流行していたコンテンツやサービス・漫画・アニメ・商品などが、流行が去って飽きられてしまい、下火になった状態や見捨てられた状態の意味です。
 

例えば、「あの歌手はオワコンだね。」という場合は、「あの歌手は、かつて人気があったのに、今は飽きられてしまったね。」という意味になります。
 

また、まだ終わっていないのに、終わりを推測する意味(終わりそうなコンテンツ)でこの言葉を使うことや、終わってほしいことに(終わってほしいコンテンツ)対しても使うことがあります。

この言葉は、否定的な意味で使われることが多いので、インターネットの掲示板などで使う時は炎上する可能性もあり、注意したほうが良い言葉でもあります。

オワコンの語源は?

オワコンの語源は、「終わったコンテンツ(中身・情報の中身のこと)」の略です。

オワコンという言葉の発祥は、2ちゃんねるで「涼宮ハルヒの憂鬱」というアニメについて、「ハルヒは終わったコンテンツ」と書き込みされたことからと言われてます。
 

初めはアニメファンの間で使用されていた、インターネットスラング(インターネット利用者の間で使う言語表現)でした。

しかし、2010年頃からインターネット上で多くの人に広まり、2011年のネット流行語大賞では第5位に認定されました。

現在では、「オワコン」という言葉自体がオワコンであるとも言われています。

スポンサーリンク

オワコンの使い方

○○って著者はオワコンだよね
それってもうオワコンだよ
あのアニメってもうオワコンなのに、映画化されるの?
デスクトップはもうオワコンだよ
あの歌手はオワコンなのに、紅白歌合戦にでてるよ!
 

オワコンな言葉ですが、ぜひとも使ってみてくださいね。

-

Copyright© 若言辞典 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.