若言辞典

若者の言葉の意味や語源、使い方を例文付きで解説しているサイトです。

アンチってどういう意味? 語源や使い方(例文付き)も紹介!

投稿日:

あなたは、「アンチ」の意味を言えますか?
 

私が、初めて「アンチ」という言葉を聞いたのは、同僚と会話した時のことです。
 

私:「相談なんだけど、佐藤先輩って、どう思う?私、すごい、怖くて、苦手なんだけど~。」

同僚:「私、アンチ佐藤だから。」

私:「(* ̄- ̄)ふ~ん、そうなんだ…。」
 

私から、相談したにもかかわらず、「アンチ」の意味が分からず、話を流してしまいました。

その同僚が先輩を褒めているのか、けなしているのか分からずに…。
 

このような会話の状況にならないように「アンチ」の意味や語源だけでなく、使い方(例文付き)も、ご紹介いたします!

スポンサーリンク

「アンチ」の意味って?

「アンチ」とは反対者という意味です。
 

芸能人などのファンの反対語として使うことが多いです。

他に、「~を批判する」、「嫌いな~」という意味で使われることがあります。
 

アンチの語源は?

アンチの語源は英語の「anti」です。
 

antiには「反対」、「対抗」という意味があります。
 

アンチエイジング(anti-aging)っていう言葉を聞いたことはありませんか?

アンチエイジングは、老化防止の意味で使われますが、直訳すると「反老化」です。

この「アンチ」が語源なのです。
 

スポンサーリンク

アンチの使い方を紹介!

では、「アンチ」の意味と語源を理解していただいたところで、「アンチ」の使い方をマスターしましょう。

「アンチ」は、名詞としてだけではなく、動詞、形容詞としても使います。

名詞として使う場合

アンチを気にしたら、負けだ!

⇒単純に「反対者」の意味で「アンチ」を使っています。
 

「アンチが私の好きなアイドルを馬鹿にしてきた」

⇒この「アンチ」は、ファンの反対語として使っています。
 

動詞として使う場合

自分の意見がアンチされたので、言い返した。

⇒「批判する」という意味で使われています。

「自分の意見が批判されたので…」という感じです。
 

形容詞として使う場合

アンチ佐藤先輩

⇒単純に嫌いな佐藤先輩という意味です。
 

アンチコメント

⇒批判的な内容の文章を意味します。

-

Copyright© 若言辞典 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.