若言辞典

若者の言葉の意味や語源、使い方を例文付きで解説しているサイトです。

「あざお」ってどういう意味? 語源や使い方(例文付き)も紹介!

投稿日:

 

とある30歳男性社員と男子高校生(アルバイト)との間で、こんな事がありました。

男子高校生は、風邪をひいて、仕事を休んでしまったので、30歳男性社員にLINEで謝罪しました。
 

高校生;「今日は、突然、仕事を休んでしまって、すみませんでした。」

男性社員;「いえいえ、大丈夫だよ。ゆっくり、休んで。」

高校生;「マジ、いい上司に恵まれたっす!あざお。
 

ここで、30歳男性社員は、思いました。

『「あざお」って誰だよ。おれの名前は、「たけし」だよ。』と…。
 

この後、この男性社員は、「あざお」の意味が分からなかったので、返信しませんでした。

高校生は、良い意味で使っていたのに、気持ちが伝わらなくて残念です。
 

このような状況にならないために、「あざお」の意味だけでなく、語源や使い方を例文付きでご紹介いたします!
 

スポンサーリンク

「あざお」の意味は?

「あざお」の意味は「ありがとう」です。
 

他に、「ありがとう」を意味する言葉は、「あざーす」「あざます」「あざ」が挙げられます。

「あざお」は、これらの言葉と同じく「ありがとう」の同義語です。
 

ちなみに、2018年上半期JCJK流行語大賞【コトバ部門】で、「あざまる水産」という言葉が2位にランクインしました。

この「あざまる水産」も「ありがとう」を意味し、「ありがとう」の同義語です。
 

「あざお」の語源は?

「あざお」の語源は「ありがとうございます」です。
 

ふと、あなたは、疑問に思ったでしょう。

「あざお」の「お」は、どこから来たのだろうと…。

答えは、不明です。
 

スポンサーリンク

「あざお」の使い方を例文付きで紹介!

では、例文を見ながら、「あざお」の使い方を理解していただきましょう。

お礼をいうとき

意味からも明らかなように、人にお礼をいう時にしか使いません。
 

今日は、がんばってくれて、あざお。
昨日は、勉強を教えてくれて、助かった。今日の試験は、バッチリだったよ。あざお。
 

何となく、理解していただけましたか。

使い方のコツは、「ありがとう」と言いたいところを「あざお」に置き換えることです。
 

今日は、がんばってくれて、ありがとう(・・・・・)。
⇒「今日はがんばってくれて、あざお(・・・)。」

といった感じです。
 

「あざおです。」と、ちょっと丁寧にした言い回しで使うこともあります。

手伝ってくれて、あざおです。

丁寧にした言い回しなので、目上の人に使うのかなと思われますが、ただの友人に対しても使われています。

-

Copyright© 若言辞典 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.